有名ギャグ

このページを閉じる


訪問販売に見る危ないケース


●間違ったデータを用いた設置前との比較

業者は設置することで電気代を減らすことができ、設置前と比べて、負担がそれほど増えないことをアピールします。これ自体は普通に行われている事なので問題はありません。では、どうするかというと、ウソのデータを用い、実際より多く発電できるかのようなことを説明し、設置してもそれほど負担が増えないかのように思わせ、相場より高い太陽光発電パネルを売り付けるのです。


●補助金トーク

補助金が出ることで、幾分負担が減ることをアピールします。これ自体も問題が無いと思いますが、補助金の申請期限まであと少ししかないなどとウソを言って契約を急がせる事があります。期限は自分で調べればすぐに判ります。


●ウソの実績をアピール

これまでの工事実績や工事をした家庭の声を見せるのは、有効な販売方法だと思いますが、ウソの実績を見せることがあります。


●家電をおまけにつける

たくさんの家電をおまけにつけることがあるようですが、悪徳業者の場合は、おまけを考慮しても割高であることがおおいので、おまけに惑わされないようにしましょう。



●長時間にわたりしつこく勧誘

何時間にもわたり、断っても勧誘を続けたりします。 最初は断っていた消費者も勧誘が2時間、3時間と長引くにつれ、精神的に疲れてきてしまい、根負けして契約してしまうこともあります。これは、全ての訪販について言えることです。




→   悪質な訪問販売の手口のページへ
このページを閉じる









  プロフィール  PR:無料HP  KDS釧路自動車学校  パソコン 専門学校  タイヤ 低価格  タイヤ 選ぶなら  タイヤ プリウス 格安  栄養 短期大学  ルーフボックス  パワーストーンの販売  保育 短期大学  投資顧問ベストプランナー 評価  中古パーツ 買取 鈴鹿市  名簿屋